苦しみを放棄した宮崎の出会い

(和泉しきぶしゅ)

宮崎の出会い
埋められた木は水の底です

谷底に埋められた

それは化石のようになりました

世界に知られていない木から

宮崎の出会い放棄された体

と言う。

宮崎の出会い今言う叫んでいない人

(悲しみ、苦しみ

 

 

言う人はいません

人のいない人)

の。

そのような人々は古代です

私はそこにいたと思います

それはフレーズでした。宮崎の出会い

特別養護老人ホームにはそのような人々がた​​くさんいます。

あなたには理解できる人がいますか?

来年は、そのような人たちも含めて「言葉と耳を傾ける」ことで生きる勇気を与えたいと思います。

埋められた木の下で宮崎の出会い

音声。

突然私たちはクレーンです。

クレーンの寿命は1000年と言われていますが、実際には23年です。

彼らは長命の鳥のようです。

宮崎の出会い人間のつながりに現れる言葉があります。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です