宮城で私は2冊の本を読んだ

宮城
今日私は2冊の本を読んだ
…閲覧することで

いいえ、それは良くありません
あなたがそれを買わないなら、それは書店の利益ではない
無料のもので宮城を読むと、図書館に行くことができます

ところで私は読んだ
あなたが「良い女の子たち」を止めると、
境界人格の問題はよく理解する
2冊の本

宮城・石巻の『たらこCafe』
前者は子供向け指導者
子供が問題行動を始めると…
後者はタイトルのとおりです
境界性人格障害を包括的に要約した本

宮城は幾分心理学に興味がある
それを他の人と比べて読んでいる間
私の生息環境について考えた

何?
自己愛と現実の両方が良いです。妥協することは不可能なので、邪悪に感じる
放棄された恐怖と自己が形成できない問題によって引き起こされる問題ですか?
あるいは、突然幼稚な関係から突然現実が目に見えるので、適応できないと言っている

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です