喜んで話していた宮城

宮城は母の日にだけ花を咲かせていました。
彼は父親と喜んで話していたようです。

5年前、乳がんが発見されました。そしてステージ4。
宮城は遅すぎた。
私の父は非常に元気で、私はあまり気にしていませんでした、そして私の母は良い終末期医療に困っていました。

宮城の名産『みやぎサーモン』

“泣かないで”
私は他の人が理解するのが難しい複合体を持っています。
孤独、痛み、孤独と痛み、そしてもちろん喜び
涙はありません。

宮城。私は寒い人です。
私はその答えを全く知りません。
私はようやく母と別れたけれど、涙は出ませんでしたが、最近もう少し話したいと思いました…
私は感じます。
夢だから出てほしい。私は何度も望みました。
夢を自由に操ることができれば…

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です