どうでもいい宮城

オラに
どうでもいい! 宮城
日本の泥
泥はアメリカ・インディアンの伝説に現れるカティナ(宮城)です。

グランドキャニオンと呼ばれる場所の地面の亀裂から泥が出てくる

地面から生まれた彼の頭は泥だ

それは泥で覆われていますが、革の肩は魅力のポイントです

宮城で蕎麦を食べるなら『妙庵』

雨の儀式をするとき
彼はピエロとして行動する

宮城の葉をつかみ、手を鳴らして不思議なダンスを披露する

私はまた歌を歌いますし、またドラム(ドラム)

人々と一緒に、雨の儀式を行った400種類以上の儀式がありました。カチナスは人間の自我を誇張しました

離れると
彼らはアメリカのインディアンに雨の儀式をする方法を教えた

食べ物である植物は育ちませんので、人間の絶滅に直結しています

アメリカのインディアンは古代の初期に教えられた儀式を続けています

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です