宮城で泣いたことを覚えています

宮城はそれが利己的であることを知っていて、彼は母親の苦労をよく知っていました。しかし、私はまだそのように決定されたものを知りません。
しかし、次の数時間、私は汚い個室で泣いたことを覚えています。

宮城病院を出て、日曜日に姉がいた校庭に行きました。

「ああ、ちひろくん。戻ってきました。待っていました。でも、元気です…」

「買わなかった…」

宮城の巨大こけし

 

「なに?プラモデル?」

お姉さん、ごめんなさい…
そして千尋の目の高さまでお辞儀をします。

「はい、ちひろくん。

彼女は校舎に入って何かを取りました。

「姉妹、大学は忙しくなっています。ちひろくん
会えないかもしれません。 ”

宮城は、初めて、彼女は悲しそうに見えたと言った。

「ちひろくん、はい、これ」

紙でできた白いパラシュートでした。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です