宮城では彼女は笑っていました

「宮城の大きさを聞いてみましょう。」
「ところで、宮城の皮を着ているかどうか尋ねてください。」
しかし、彼女はささやいて彼女に言ったとき、彼女は彼女に耳を傾けたので、彼女は笑っていました。

数分間話した後、彼女は電話を切りました。

宮城で本格的な雪合戦

 

「恥ずかしいことではありません。なぜ聞こえないのですか!」

もちろん。

次に、(待ってください。男性が声を変えて電話をかけたら、彼が男性であることを知っていますか?)

そのようなことが私の頭に浮かび、宮城と呼ばれました。「さて、次回はできません!」

「ああ…こんにちは」と彼は叫び、女性の声を使ってみました。

それから彼女は自分が女性だと思って会話を続けました。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です