彼は自転車かバイクで宮城の病院に来たのでしょう

しばらくすると宮城という音がしたので、振り返ってみると、30代半ばの女性が白い半透明の雨滴を脱いでいた。
おそらく彼は自転車かバイクで病院に来たのでしょう。

雨を降らせたはずの女性が、私が座っていた椅子の右端に座って、一人のスペースを残した。
私が座っていた椅子の右側には誰も座っていなかったので、間違えるとすぐ隣に座ることができませんでした。
また、「宮城が空いている」と言えば変態です。

そんなバカなことを考えながら、さりげなく女性をちらっと見たとき、漏れずにスマホで遊んでいたのだろう。
思った瞬間、その女性に二度会った。

宮城を降らせたのは上だけで、下はひざまで下がっていた女性。
つまり、雨の中は黒のズボンをはいているのですが、どうしてもトイレで何かをしているのが見えます。
雨で濡れた雨滴が椅子にくっつかないように気をつけたのかもしれませんが、衝撃的すぎたようです。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です