宮城のシューマイは食べない

0

しかし、その女の子は完璧です。

宮城は嫌だった、老人?

「何だ、テム、私のシューマイは食べないだろう、私はドリフジ藤子だ」

泣く。

おじいちゃんはかなりいいですね、それがあの八尾のように腰にかかっていたら… …、

宮城まで黙っていた少女は顔を上げ、

“ファンタジア!なぜ、あなたはオーナーの綱馬を手に入れませんか?”

何。土佐方言で

しかし、ここでは、東北の終わり。

おじいちゃんポカーン、私は笑(女子スマン

宮城の後、老人は駅の係員に連れて行き、

私は叔母に尋ねました、「もうちょっと前、あなたは高知の人ですか?」

私が聞かれた

「ああ…いいえ」と答えた少女の手にあった文学本は、「龍馬が起きる」ことだった。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です