しかしながら、愛媛で出会いがあり笑っています

まあ何ですか?
たとえそれが調理されたか焼かれたとしてもそれを食べることができないならばそれは楽しいでしょう。

その人の写真を見て、
それはしばしばおとぎ話で出てきます、
それは西の魔女のように見えます、
スタッフと笑っている間、私は笑っています。

私はマナーと行動が嫌いです、
彼はそれを公言している教授なので
生け花が言われても、
誰も学んでいない自己流動の方法。

しかしながら、
花を見る目、
小林英雄何かとの交流の頃から培ってきた
それはビジネスだったので日付ではありません。

愛媛での出会いを一挙公開。これだけあれば必ず出会える!

 

平らなボウルに生きているボールもあります、
炭で、
全く違います、
大きな瓶があります、
私は自分のお気に入りのように生きるのが好きです。

宿泊周辺の家の周り
自然は少し残っています、
毎日好きな花を選びます
私は私の大好きな船に住んでいます。

私はものがとても怖いので、
私の生き方はただの勢いです。

そして彼自身の弁。

その数年間の生活の中で
実際に装飾された家は何十もあります
「花と器とその周辺」
100ページ以上、すべてカラー
豪華なフォトアルバムです。

これは本当です、本当に
かっこいい、いい味です。

絵のような絵のように
絵の中の彫刻のように、
花と器は一体になっています。

ブー氏も
私は長い間私自身の目で選んだことの一つです。
ブーの目に適した絵
ぶら下がっている巻物もさりげなく置かれています、
私はいい味がします、これはそれです。

そのうえ、
これらの花と器を見て、
色、形および出現の良さに、
低圧を忘れるところです(笑)。

この赤ちゃんの名前は白州雅子です。
本のタイトルは “Flower Diary”です。
(ワールドカルチャーパブリッシング、3500円)

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です